映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

新垣結衣&瑛太が吉本新喜劇に飛び入り参加、関西弁のアドリブも

781

吉本新喜劇に新垣結衣(左)と瑛太(右)が参加した際の様子。

吉本新喜劇に新垣結衣(左)と瑛太(右)が参加した際の様子。

新垣結衣瑛太が本日10月4日、共演作「ミックス。」の宣伝キャンペーンの一環として大阪・よしもと西梅田劇場を訪問し、吉本新喜劇の舞台に出演した。

本番前、2人は池乃めだかと座長・酒井藍に挨拶する。本読み稽古では池乃の鉄板ギャグ「見下げてごらん」から、みんなが池乃に気付くまでのタイミングなどを細かく確認。「緊張します」と話す新垣に対して、瑛太は「こんな機会はめったにないから楽しみましょう」と激励し、2人は本番に臨んだ。

「ミックス。」が卓球を題材とした作品であることから、2人は酒井扮する温泉の仲居の“卓球に詳しい友達”としてサプライズ登場。瑛太がアドリブで「ボールがないですやん!」と片言の関西弁を披露すれば、新垣も「ボールここにありますやん!」と関西弁で酒井の肩を叩くなど、2人はノリノリで新喜劇メンバーとの掛け合いを披露する。さらに球に見立てられた酒井が「そうそう私が卓球のボールだけど、ラケットがこんなに大きくないとね……って、私人間ですねん」とノリツッコミを決めると、約700席が満席となった会場から爆笑が。そして結局ボールになった酒井を瑛太が懸命に持ち上げようとするも持ち上がらないという演出や、先ほど練習した「見下げてごらん」の一連も大成功。最後に酒井がしらじらしく「2人は映画に出るん?」と振ったところで、新垣と瑛太は本作の宣伝をし、会場に割れんばかりの拍手を巻き起こした。

演者として“初舞台”を踏んだ新垣は、「一瞬でしたがとても楽しかったです。お客さんが喜んでくれて本当によかったなと思います。酒井藍座長とめだか師匠たちと本番前に本読みをしたのですが、優しく受け入れていただいてサポートしてくださいました」と感想を述べる。瑛太は「つい舞い上がってしまって、台本に書かれていないアドリブが出てしまい、それで笑いが取れてよかったです。その喜びを噛み締めています」と満足げにコメントした。

新垣が演じる元天才卓球少女・富田多満子と瑛太扮する元プロボクサー・萩原久の奮闘を描いたロマンティックコメディ「ミックス。」は、10月21日より全国で公開。

(c)2017『ミックス。』製作委員会

映画ナタリーをフォロー