映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

実写版「アヤメくん」黒羽麻璃央、足立梨花と佐伯大地のタッグにタジタジ

953

「アヤメくんののんびり肉食日誌」完成披露イベントの様子。左から芝崎弘記、佐伯大地、足立梨花、黒羽麻璃央、edda、尾関陸。

「アヤメくんののんびり肉食日誌」完成披露イベントの様子。左から芝崎弘記、佐伯大地、足立梨花、黒羽麻璃央、edda、尾関陸。

アヤメくんののんびり肉食日誌」の完成披露イベントが本日9月2日に東京・一ツ橋ホールで行われ、キャストの黒羽麻璃央足立梨花佐伯大地尾関陸、主題歌を担当したedda、監督の芝崎弘記が出席した。

町麻衣による同名マンガを実写化した本作は、T大学の中にある生物学科の研究室を舞台にしたラブコメディ。恐竜オタクの“アヤメくん”こと菖蒲瞬を演じた黒羽は「すごく不安だったんですけど、思っていた何百倍も面白くしていただきました。周りの人はどう感じてくれるのかなと思ってたら、観終わったあとに佐伯大地がめちゃめちゃ(テンション高く)『面白かったっすねえー!!』って(笑)。その一言ですごく安心感をもらえました」とホッとしたことを明かす。黒羽は続けて話をしようとするが、そんな彼のことを足立は曇った表情で見つめる。それに気付いた黒羽が「どうしたんですか?」と問いかけると、足立は「いや、長いなって」とバッサリ。さらに佐伯が「僕は周りの人なんですか……?」とたたみかけると、黒羽は「この2人がタッグ組むといいこと起きないんだよおー!」とタジタジの様子だった。

足立は完成した作品に関して「こんなにポップになると思ってなかったです。映画ではなかなか見ない引き出しで、新しいなって」とコメント。続けて「皆さんがちゃんと笑ってくれるか心配だったんですけど、手を叩いて大爆笑してくださっていたということでありがたいなと……特に(佐伯演じる)仁英先輩のところ」とにこやかに話すと、会場からは拍手と笑いが巻き起こった。

本作には、アヤメくんの不思議男子ぶりを象徴する「おっぱい、触らせてもらってもいいですか?」というセリフが含まれている。「もし実際に、このセリフを言ってくる男子と出会ったら?」と言う質問を受けた足立は、「普通にいけばビンタでしょうねえ。だけどご存知かもしれないんですが、私おっぱいちっちゃいんですよ。あんまり自信がないこのおっぱいを褒めてくれるなんて滅多にないことなので、びっくりしすぎて『いいよ』って言っちゃうかもしれない(笑)」と吐露。黒羽は「ほんとにねえ、邪な気持ちをすごい抑えました」と撮影を思い返しながら明かした。

観客にいかに笑ってもらうかを考えながら、試行錯誤して映画を制作したという芝崎は「(永田崇人演じる)里中先輩がまいた餌を、ことごとく仁英が釣り上げていくという。完全に仁英が持っていっちゃった」と述懐。そして「皆さんが手を叩いて笑っているのを見て、感動してしまいました。ありがとうございます」と感謝の気持ちを語った。

「アヤメくんののんびり肉食日誌」は、10月7日より東京のシネ・リーブル池袋ほか全国でロードショー。

※芝崎弘記の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2017 町麻衣/祥伝社/映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』製作委員会 (c)町麻衣/祥伝社フィールコミックス

映画ナタリーをフォロー