映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

新番組「仮面ライダービルド」9月スタート、主人公は“史上最高IQ”の天才物理学者

35398

「仮面ライダービルド」

「仮面ライダービルド」

平成仮面ライダーシリーズ第19作にあたる新番組「仮面ライダービルド」が、9月3日より放送されるとわかった。

タイトルの「ビルド」には“創る、形成する”という意味が込められている。主人公は天才物理学者の青年。戦いにおいても、実験をするかのように2つの成分を組み合わせてさまざまな姿に変身する。

本作のヒーロー・仮面ライダービルドは、変身ベルト“ビルドドライバー”に、動物や機械など多種多様な成分が込められた変身アイテム“フルボトル”を2本装填することで変身を果たす。2本のボトルが最良の組み合わせ“ベストマッチ”状態になると、必殺技を繰り出すことができる。基本フォームは、ラビットとタンクのフルボトルからなり、ウサギの跳躍力と戦車のパワーをあわせ持った“ラビットタンクフォーム”。劇中では「さあ、実験を始めようか」という言葉とともに、主人公がフルボトルの組み合わせを試しながら勝利の法則を編み出していく。

ストーリーは、火星で発見された謎の箱“パンドラボックス”から出現した巨大な壁“スカイウォール”によって、日本列島が3つに分断されることから始まる。それぞれ東都、西都、北都という首都が生まれる中で、東都には“スマッシュ”と呼ばれる未確認生命体が出現し、人類を窮地に追い込んでいた。そこで主人公の青年が、ベルトとボトルでスマッシュに立ち向かうこととなる。

脚本はドラマ「電車男」の武藤将吾が、監督は田崎竜太らが担当。この発表にあたり田崎は「平成ライダー史上最高IQを持つ主人公が、史上最大のスケールを持つ作品世界に戦いを挑みます。3つに割れた世界を再び1つに戻せるのか? 戻すことは正しいことなのか? 多くの平成ライダーを演出してきましたが、『ビルド』の仕掛けの斬新さに興奮を禁じ得ません」とコメントを寄せた。

本番組は、9月中は毎週日曜の8時から、10月以降は毎週日曜の9時からオンエアされる。また8月2日に行われ、本ドラマのキャストがお披露目される製作発表の模様を、auの動画配信サービス・ビデオパスにて生配信することも決定。スマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードすることで、無料で視聴が可能となる。

さらに「仮面ライダービルド」のヒーローは、本編の放送開始に先駆け、8月5日公開の「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」に登場。なお新番組のスタートに伴い、現行作品「仮面ライダーエグゼイド」は、8月中に最終回の放送を迎える。

※田崎竜太の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

仮面ライダービルド

2017年9月3日(日)スタート 毎週日曜 8:00~8:30
※10月以降の放送時間は9:00~9:30

武藤将吾 コメント

きっかけは、息子でした。偶然一緒に観たニチアサに衝撃を受けると同時に、これまで平成ライダーに触れてこなかった己を猛烈に悔やみました。
それからというもの、クールかつハードな第1期に酔いしれ、娯楽性を追求した第2期に興奮し、気づけば平成ライダーを熱く語るオッサンになっていました。
第19作。仮面ライダーの歴史の重みを真摯に受け止め、最大級の敬意を表すとともに、これまで培ってきたノウハウを活かして、子供も大人も燃える作品を志していきます。
1年間、どうぞ宜しくお願いします。

田崎竜太 コメント

平成ライダー史上最高IQを持つ主人公が、史上最大のスケールを持つ作品世界に戦いを挑みます。3つに割れた世界を再び1つに戻せるのか? 戻すことは正しいことなのか? 多くの平成ライダーを演出してきましたが、「ビルド」の仕掛けの斬新さに興奮を禁じ得ません。
今作はシリーズ第19作目にあたりますが、それは19分の1という意味ではありません。オンリーワンの面白さを持つ「仮面ライダービルド」が新しいニチアサの第1歩を踏み出します。

関連する特集記事

「超スーパーヒーロー大戦」キュウレンジャー座談会&エグゼイド座談会PR
「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」エグゼイドチーム座談会PR

(c)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

映画ナタリーをフォロー