映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

園子温ロマンポルノ、初ヌードの冨手麻妙が「性は男性だけのものではない」

156

左から監督の園子温、キャストの冨手麻妙、筒井真理子。

左から監督の園子温、キャストの冨手麻妙、筒井真理子。

ロマンポルノ作品「ANTIPORNO」の初日舞台挨拶が本日1月28日に東京・新宿武蔵野館で行われ、キャストの冨手麻妙筒井真理子、監督の園子温が登壇した。

「ロマンポルノリブートプロジェクト」の一環として製作された本作は、小説家兼アーティストとして時代の寵児となった京子を主人公とした物語。「映画 みんな!エスパーだよ!」など園作品常連の冨手麻妙が京子を、「淵に立つ」の筒井真理子が京子のマネージャー・典子を演じた。

オファーを一度断ったという園は「この現代でロマンポルノを撮る意味がないと思った。“アンチ”ポルノみたいなものなら撮れるかもしれないと言ったら、それでいいと言われたのでタイトルもそのまま『ANTIPORNO』にしました。規制も特になく自由にやれるという意味ではよかった」と述べる。

出演を園に直談判したという冨手は「園子温監督の作品で主役をやるというのをずっと目標としてやってきたので、裸になることに抵抗もなかったです。現場では園さんが思う以上のお芝居をしなければここで何かが止まってしまうんじゃないか、という緊張感の方があった」と述懐。続けて「撮り終えたときに、園さんに『この作品は愛の結晶だ』って言葉をいただいて。園さんからいただいてる大きな愛情を全部ここで爆発できる作品ができたなと思います」と語った。

筒井は「台本を読んで、叫びのような作品のラストのセリフに惚れてしまいまして。これを引き受けなきゃ役者をやってちゃいけないんじゃないかと何か試されているような気持ちになりました」と吐露し、「生きづらさを感じて生きている男性も女性もそれを一身に背負ったようなセリフなので、撮影前日は半分眠れなくて吐きそうになった」と明かす。

タイトルの「ANTIPORNO」にかけて「アンチしたいものは?」という質問を投げかけられた冨手は「男性向けだけの日本のAV。性は男性だけのものではないし、女性のものでもある。男性だけに特化しないものを作っていけたら社会も変わるんじゃないかな」と見解を述べる。筒井は「(役者の)年齢を書くっていうのはちょっとね。役者は化けてその年になるんで……。でもイタいんでやめます!」と笑いながら話し、「多様性を認めないということ。いろんなものを浴びるように観てほしいと思いますし、もっと劇場に足を運んでもらいたい」と語る。禁煙を始めて2日目という園は「150回くらい禁煙を約束して破ってきたんで、強い決意のもとにアンチ煙草ですね!」と言い放つ。「さっき吸ってましたよね」と冨手がすかさずツッコむと「医者に1週間は吸ってくれと言われたから……だからしょうがねえなと思って」とぼやき会場を笑いで包んだ。

最後に園は「こういう自由な作風のものをいっぱい受け入れてくれたら、日本映画も多様性が出てくるんじゃないかなと思いますので応援してください」とメッセージを伝え、冨手は「女優人生のスタートラインに立てた作品になったと思っています。女性の裸がすごい消費されてる世の中で、園監督は私の裸が消費されないものを撮ってくれたので、今後も大きな女優になるためにがんばっていきたいなと思います」と力強く宣言した。

(c)2016日活

映画ナタリーをフォロー