映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「怒り」渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛ら“ネタバレ解禁”コメンタリー収録

1255

「怒り」ビジュアルコメンタリーより、左から李相日、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛。

「怒り」ビジュアルコメンタリーより、左から李相日、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛。

李相日監督作「怒り」のBlu-ray / DVDが4月12日にリリースされる。その豪華版の映像特典であるビジュアルコメンタリーの収録レポートが到着した。

吉田修一の同名小説を映画化した本作は、千葉、東京、沖縄を舞台に、ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちと、彼らを取り巻く人々が信用と疑惑の間で揺れるさまを描いた群像劇。渡辺謙森山未來松山ケンイチ綾野剛広瀬すず宮崎あおい妻夫木聡がキャストに名を連ね、第40回日本アカデミー賞では優秀作品賞など計13の賞を受賞した。

このたび監督の李、主演の渡辺、そして容疑者を演じた森山、松山、綾野の5人がビジュアルコメンタリーに初挑戦。李の「最初から犯人が誰か言っていきます!」というネタバレ解禁発言とともに収録はスタートし、千葉編・東京編・沖縄編とそれぞれの撮影現場への質問が飛び交っていく。

漁協の職員を演じるにあたり、4日間かけてフォークリフトの免許を取ったという渡辺。その話を受け、松山が「こんなオーラがある人が漁協の職員!?って思ってたけど、フォークリフトに乗ったら漁協の職員になっていた」と驚きを口にすると、渡辺が「(溶け込みすぎて)地元の人に『今日競り何時から?』と話しかけられた」と明かし笑いを誘う。また妻夫木とゲイカップル役を演じた綾野は、2人が暮らす部屋のセットにあったスタンドライトを買い取り、自宅に置いている話や、思わず試写室を出そうになったほどショックを受けたというシーンについて触れた。このほか、渡辺が「ある小道具が犯人を示す伏線となっていることに、2回目を観たときに気付いた」と話すように、作品をより深く楽しむためのヒントが語られている。

豪華版には、メイキングドキュメンタリーや特番などの映像も収録。さらに未公開スチールなどを掲載した全40ページのブックレットが封入される。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2016 映画「怒り」製作委員会

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー