映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

哀川翔がベン・アフレック主演「ザ・コンサルタント」に感服、「凝ってるよねえ」

38

「ザ・コンサルタント」男性限定トークイベントの様子。書き初めを披露する哀川翔。

「ザ・コンサルタント」男性限定トークイベントの様子。書き初めを披露する哀川翔。

ザ・コンサルタント」の男性限定トークイベントが本日1月12日に東京・神楽座で行われ、哀川翔が登壇した。

「ザ・コンサルタント」は、ベン・アフレックが会計士と殺し屋という2つの顔を持つ男クリスチャン・ウルフを演じるサスペンスアクション。「ウォーリアー」「ジェーン」のギャヴィン・オコナーが監督を務めている。

哀川は本作を観た感想を「メリハリのあるはっきりした映画。あそこまでコントラストを楽しめる作品はなかなかないんじゃないかな」と述懐。続けて「ストーリーにはどんでん返しもあって、俺は全然予測できなかった。あと、人と人とのつながりっていう大きなテーマが裏にあるから、観終わったあと考えさせられると思うよ」と本編鑑賞前の観客に語りかける。

アクションシーンについて哀川は「アクション半端じゃなかった!」と興奮気味に述べ、「ライフルの狙撃シーンが特にすごい。あの場面がウルフの存在感を際立たせてるよね」と話す。また、「フォークとかナイフとか小物の配置でウルフの性格を描写してて。車庫入れで表現してるところもあるか。凝ってるよねえ」と演出を称賛した。

イベントの後半では、哀川が“モテる男になるための金言”を書き初めで披露。哀川は「気」という文字を選んだ理由を「人との付き合いはやっぱり気持ちでしょ。表面だけだといい付き合いはできないよ。気持ちの深さっていうのが人間的な魅力につながるんじゃないかな」と力強く語った。

「ザ・コンサルタント」は1月21日より全国ロードショー。

関連する特集記事

若杉公徳が語る「ザ・コンサルタント」PR

(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

映画ナタリーをフォロー