映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「安藤昇 90歳の遺言」単行本第2弾が発売、ヤクザから役者へ転身した裏側

35

書籍「安藤昇 続 90歳の遺言」が、本日11月26日に発売された。

2015年12月に89歳で逝去した安藤昇。渋谷を本拠地とした安藤組の初代組長として名を馳せたのちに俳優へ転身し、原案や企画などの立場でも映画作りに携わった。本書は、安藤と20年来の間柄だった向谷匡史が週刊アサヒ芸能に連載している「90歳の遺言」の単行本第2弾だ。

書籍の中では、安藤本人の言葉を交えながらその武勇伝が語られる。自らの手記をもとにした1965年の俳優デビュー作「血と掟」には、製作サイドより懇願されやむなく出演したそうで「ヒマだったからね。“演技経験なんかなくても大丈夫です”なんて監督が言うしさ。“右向け右、左向け左”で演技つけてくれたけど、時系列で撮るわけじゃないから、何を撮っているのやらわからなかった」と振り返っている。

さらに松竹から専属契約を持ちかけられると、現在の貨幣価値で数億円にあたる2000万円の契約金を要求したそう。また、その後“五社協定”を破り東映へ移籍したことについては「(松竹との契約の)自動延長のことも五社協定のことも“俺は知らない”と言っただけ」と話していたという事実もつづられる。

映画ナタリーをフォロー