映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

東出昌大「ぼく明日」で福士蒼汰の親友役演じる、「初日からタメ口で話そうと決めた」

743

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」メイキングカット

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」メイキングカット

福士蒼汰小松菜奈の共演作「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に、東出昌大が出演していることがわかった。

七月隆文の同名小説をもとにした本作は、20歳の男女の恋模様を描いたラブストーリー。「陽だまりの彼女」「ホットロード」などで知られる三木孝浩がメガホンを取った。

東出が演じるのは、福士扮する主人公・南山高寿と同じ美術大学に通う上山正一。恋に臆病な高寿の背中を押す親友という役どころだ。三木とは2014年に公開された「アオハライド」以来の再タッグとなる東出は「三木監督はもちろん、プロデューサーやスタッフの皆さんとまた一緒に仕事が出来ることが本当にうれしかったです」と本作への出演を喜ぶ。また「福士くんとは親友の役なので、撮影初日からタメ口で話そうと決めたり、ご飯に行ったり、撮影現場も和気あいあいとした雰囲気でとても楽しく撮影できました」とコメントを寄せた。

あわせて本作の劇中カット2点が解禁。電話中の南山に上山が声をかける様子や、2人がカップを手に並んで立っている姿が切り取られている。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、12月に全国でロードショー。

東出昌大 コメント

三木監督はもちろん、プロデューサーやスタッフの皆さんとまた一緒に仕事が出来ることが本当にうれしかったです。
上山はなかなか演じたことのないおちゃらけた役だったので自分自身も新鮮でした。
福士くんとは親友の役なので、撮影初日からタメ口で話そうと決めたり、ご飯に行ったり、撮影現場も和気あいあいとした雰囲気でとても楽しく撮影できました。

(c)2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

映画ナタリーをフォロー