映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ムンバイ同時多発テロに巻き込まれた少女の運命描く「パレス・ダウン」予告編

69

「パレス・ダウン」 (c)Emma Blunden

「パレス・ダウン」 (c)Emma Blunden

フランス映画祭2016と「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」にて上映される「パレス・ダウン」の予告編が、YouTubeにて公開された。

本作で描かれるのは、2008年11月にインド・ムンバイで起きた同時多発テロ事件に巻き込まれた18歳の少女の物語。「ニンフォマニアック」のステイシー・マーティン演じる主人公ルイーズが、携帯電話で父親と連絡を取りながらテロリストに襲撃されたホテルで生き延びようとするさまを描く。監督を務めたのは「ザ・スパイ 裏切りのミッション」のニコラ・サーダ。

予告編は、転勤が決まった両親とともに2年間ムンバイに滞在することになったルイーズが、新居が決まるまでの間タージマハルホテルのスイートルームに宿泊する場面からスタート。ある晩、夕食に出かけた両親を見送り1人でホテルの部屋に残ったルイーズは、聞き慣れない物音を聞き、それがテロリストの襲撃によるものだと知る。

「パレス・ダウン」はフランス映画祭2016にて6月26日に東京・TOHOシネマズ 日劇で上映。同映画祭の地方会場である福岡では6月25日から26日、大阪と京都では7月2日から8日の間に上映される予定だ。また、7月16日から8月19日に東京・新宿シネマカリテにて開催される映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」でも公開されるが、上映日程は現在未定。気になる人は映画祭の公式サイトをチェックしておこう。

映画ナタリーをフォロー