映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「デスノート」死神リューク役・中村獅童の続投が決定、よりスタイリッシュな姿に

378

「デスノート 2016」より死神リューク。

「デスノート 2016」より死神リューク。

佐藤信介が監督を務める「デスノート 2016」にて、死神リューク役・中村獅童の続投が決定。あわせてリュークの姿を捉えた場面写真も公開された。

本作は、大場つぐみ小畑健によるマンガを実写化した「DEATH NOTE」シリーズの続編。名前を書いた人間を死に至らしめるデスノートを使い、新たな秩序を築こうとした“キラ”こと夜神月と、彼の野望を阻止すべく捜査を行った探偵Lの死闘から10年後の世界が舞台となる。死神によって地上にばら撒かれた6冊のデスノートを巡る争奪戦が繰り広げられていく。出演者には東出昌大池松壮亮菅田将暉川栄李奈戸田恵梨香藤井美菜らが名を連ねる。

このたび公開されたリュークの姿は、シリーズ過去作と比べて肌や髪、羽などの質感に変化が見られる。リューク役の続投が決まった中村は「私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです」と喜びを語っている。プロデューサーの佐藤貴博も「中村獅童さんは、『DEATH NOTE』シリーズを象徴する俳優です。リュークのビジュアルも、前回と違って獅童さんのフェイシャルキャプチャーも行い、表情のお芝居もCGに落とし込んでいます。獅童リュークの決定版となること間違いなしです!」とコメントを寄せた。

「デスノート 2016」は、10月29日より東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にてロードショー。

中村獅童 コメント

出来上がりがどんなふうになるのかなっていうのが私自身もすごく楽しみです。今までの「デスノート」ファンの方、映画を観て好きになった方など、いろいろな方がいらっしゃると思いますが、この作品でまた新しいデスノートが誕生したのではないのかなと思います。私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです。

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画ナタリーをフォロー