映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

玉木宏主演「探偵ミタライの事件簿」予告編で3つの難事件が明らかに

200

「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」

「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」

玉木宏が主演を務める「探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海」の場面写真が解禁され、あわせて予告編がYouTubeにて公開された。

広島・福山市が舞台の本作は、天才探偵・ミタライが難事件の解決に挑むミステリー小説「御手洗潔」シリーズ初の映画化作品。「相棒」シリーズの和泉聖治がメガホンを取り、シリーズ最新作「星籠の海」を原作者の島田荘司とともに新たに構成し直した。玉木宏がミタライを演じるほか、映画オリジナルのキャラクターとして広瀬アリス扮する女性編集者が登場する。

予告編では、ミタライの前に立ちはだかる3つの難事件が明らかに。次々と死体が流れ着く「死体島」、あるアパートで外国人女性の死体が発見された「女性変死体事件」、幼児が誘拐され、滝つぼで男女が拘束された「居比家誘拐殺人事件」。数々の奇妙な事件と絡みあう“星籠”の謎を突き止めるべく、ミタライは“時計仕掛けの海”、“すべての謎は歴史に紐解かれる”というわずかなヒントを頼りに謎解きを進めていく。

「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」は6月4日より全国ロードショー。

(c)2016 映画「星籠の海」製作委員会

映画ナタリーをフォロー