映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

Dream Amiがディズニー「ズートピア」で主題歌担当、ポップスター役で声優も

27

ディズニー・アニメーションの新作「ズートピア」の日本版で、Dream Amiが主題歌「トライ・エヴリシング」を担当し、声優も務めることが発表された。

「ズートピア」は、「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと「シュガー・ラッシュ」のリッチ・ムーアが監督を務めたファンタジーアドベンチャー。動物たちが平和に暮らす文明社会“ズートピア”を舞台に、ウサギの警察官ジュディと詐欺師のキツネ・ニックの冒険を描く。

「トライ・エヴリシング」は、ジュディが家族と別れ大都会へ上京するシーンで流れる楽曲。ディズニー・アニメーションのミュージックスーパーバイザーであるトム・マクドゥーガルは、「日本語バージョンを作るにあたり、Dream Amiの歌をいくつか聴かせてもらったのですが、一発で気に入りました。もともとJ-Popが大好きなんですが、彼女はこの曲を歌うのにピッタリのアーティストですし、まさしく完璧なチョイスだと思いますよ」と絶賛する。また本作で製作を務めたクラーク・スペンサーは、「この曲のポジティブなメッセージを見事に捉え、感情たっぷりに歌い上げていて、本当に素晴らしいですね。ノリのいいポップソングではありますが、アーティストはそこに込められた思いやメッセージをきちんと心で感じ取って歌う必要があります。彼女の歌声からは、それがしっかりと伝わってきます」と語った。

なおDream Amiは、ズートピアのポップスター・ガゼルの役で声優も担当。今回の起用について彼女は、「このような大役をいただけるとは想像もしていなかったので、夢のような感覚です。多くの方がそうであるように、私も小さい頃からディズニー映画に魅了され続けてきた1人ですので、突然夢が叶いとても嬉しく、幸せに感じております。ご期待に沿えるよう、そして、映画『ズートピア』を盛り上げられるよう全力で臨ませていただきます」とコメントしている。

「ズートピア」は、4月23日より全国でロードショー。

(c)2016 Disney. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー