映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

RADWIMPSドキュメンタリー「HESONOO」キーアート完成、前売特典はステッカー

623

2015年に結成10周年を迎えたロックバンド・RADWIMPSを追ったドキュメンタリー「RADWIMPSのHESONOO Documentary Film」のキーアートが完成した。

本作は、「トイレのピエタ」主演の野田洋次郎がボーカルを務めるRADWIMPSの記録映画。彼らが2015年に行ったアジア・ヨーロッパツアーや、ハナレグミ、ゲスの極み乙女。、クリープハイプ、いきものがかり、Mr.Childrenらを招いた日本での胎盤(対バン)ツアー、そして集大成とも言えるワンマンライブの様子が、インタビュー映像とともに収められている。メガホンを撮ったのは「女の子よ死体と踊れ」の朝倉加葉子

公開されたキーアートに使用されたのは、ツアー直前にメンバーの1人が活動休止を発表し、サポートメンバーを迎えて新体制で臨んだ彼らのライブのワンシーン。映画のタイトルにも込められた「つながりを断ち切って、人は生まれてくるんだよ。」というキャッチコピーが添えられ、彼らの次なる10年へ向けた“生まれ変わり”を表現したデザインとなっている。

また、1月30日より劇場前売券の販売がスタート。全国共通特別前売券は1種、ムビチケカードは2種のデザインが用意され、いずれにもオリジナルステッカーが数量限定で付属する。チケット情報および上映劇場は、本作の公式サイトで確認しよう。

「RADWIMPSのHESONOO Documentary Film」は、3月11日から24日にかけてロードショー。

映画ナタリーをフォロー