映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

クロエ・モレッツが実写版「人魚姫」主演に、脚本はリチャード・カーティス

132

「キック・アス」シリーズや「アクトレス~女たちの舞台~」のクロエ・グレース・モレッツが、実写映画「The Little Mermaid(原題)」に主演することが明らかになった。

「The Little Mermaid」は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンによる童話「人魚姫」の実写映画化作品。当初は「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが監督を務める予定だったものの、6月に降板が報じられていた。

ワーキングタイトルとユニバーサルが製作する本作は、脚本を「ラブ・アクチュアリー」「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」のリチャード・カーティスが担当。コッポラの後任監督は現在未定で、公開時期も明らかになっていない。

なおモレッツは11月6日に自身のInstagramを更新し、本作へ主演する喜びを語っている。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー