映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

スティーブ・ジョブズの生涯描いたダニー・ボイル最新作、2月公開決定

88

「スティーブ・ジョブズ」 (c)Universal Pictures

「スティーブ・ジョブズ」 (c)Universal Pictures

マイケル・ファスベンダーがアップル社の創業者を演じた「スティーブ・ジョブズ」の公開が2016年2月に決定した。

本作は伝記作家ウォルター・アイザックソンの著書を原案にした人間ドラマ。スティーブ・ジョブズの波乱に満ちた生涯を、Macintoshが誕生した1984年、アップル社を追われたジョブズがNeXT Cubeを開発した1988年、そしてアップル社に復帰してiMacを発表した1998年、3つの時代から描き出す。製品発表会直前の舞台裏から、私生活での娘との確執まで深く切り込んだ内容だ。

監督は「スラムドッグ$ミリオネア」で第81回アカデミー賞監督賞を獲得したダニー・ボイルが務め、脚本を「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキンが手がけた。ファスベンダー扮するジョブズとともに、初代Macintoshの開発に関わったエンジニアのジョアンナ・ホフマン役をケイト・ウィンスレット、アップル社の共同設立者の1人スティーブ・ウォズニアック役をセス・ローゲンが演じている。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

映画ナタリーをフォロー