ヒュー・グラントが落ちぶれた脚本家に、“人生のシナリオ”書き直す自分探しの物語

1

41

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 0 0
  • 21 シェア

ヒュー・グラント主演作「THE REWRITE」が、「Re:LIFE~リライフ~」の邦題で11月より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

「Re:LIFE~リライフ~」 (c)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC

「Re:LIFE~リライフ~」 (c)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC

大きなサイズで見る(全4件)

「Re:LIFE~リライフ~」ポスタービジュアル (c)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC

「Re:LIFE~リライフ~」ポスタービジュアル (c)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC[拡大]

グラント扮する脚本家のキースは、かつてアカデミー賞に輝くもその後15年間は鳴かず飛ばずの日々。妻子にも逃げられ、どん底まで落ちた彼はエージェントから紹介された田舎町の大学で、シナリオコースの講師を務めることに。そこで出会った強烈なキャラクターの同僚や、さまざまな事情を抱える生徒たちと交流するうちに、次第にキースのくすぶっていた心が変化していく。

「Re:LIFE~リライフ~」 (c)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC

「Re:LIFE~リライフ~」 (c)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC[拡大]

リンカーン弁護士」のマリサ・トメイ、「セッション」の鬼教師役が記憶に新しいJ・K・シモンズのオスカー俳優2人が共演。シモンズは異常に涙もろい家族思いの学科長というハートフルな役どころで出演している。監督のマーク・ローレンスは、「トゥー・ウィークス・ノーティス」「ラブソングができるまで」「噂のモーガン夫妻」に続き、今作でグラントと4度目のタッグを組んだ。

このたび公開されたポスタービジュアルには、1人寂しくソファに横たわるキースの姿が。「大丈夫、人生のシナリオはいつだって書き直せる──」という温かなコピーが添えられ、本作に込められたメッセージを伝えている。

この記事の画像(全4件)

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

ヒュー・グラントが落ちぶれた脚本家に、“人生のシナリオ”書き直す自分探しの物語 http://t.co/0j0xfEugsx http://t.co/Bj9LHaaNWD

コメントを読む(1件)

関連記事

ヒュー・グラントのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 Re:LIFE~リライフ~ / リンカーン弁護士 / トゥー・ウィークス・ノーティス / ラブソングができるまで / 噂のモーガン夫妻 / セッション / ヒュー・グラント / J・K・シモンズ / マリサ・トメイ / マーク・ローレンス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。