映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

阪本順治×藤山直美が15年ぶりの再タッグ、「団地」に斎藤工らも出演

145

阪本順治の監督最新作「団地」で藤山直美が主演を務め、共演に斎藤工らが起用されたことがわかった。阪本と藤山がタッグを組むのは、2000年公開の「顔」以来、15年ぶりとなる。

本作は藤山扮する団地住まいの主婦、山下ヒナ子に浮上した夫の殺害疑惑に近隣住民や警察、マスコミなどが翻弄されるさまを描く人情劇。ヒナ子と“普通じゃない秘密”を共有する夫の清治役を岸部一徳、ヒナ子の家に出入りするミステリアスな男、真城貴史役を斎藤工が演じる。団地の自治会長・行徳正三役には石橋蓮司、その妻の君子役には大楠道代。そのほか団地の住人役に宅間孝行竹内都子濱田マリら個性的なキャストが名を連ねている。

阪本は本作について「舞台の藤山直美ではない人物像をどう造形していくか、それを観ていただきたいです」と語り、藤山は「舞台と映画は違うことばかりですごく難しいです。でも映画の現場に慣れようとは思いません。わからないことはいつも監督に聞きます。そうやって『あー、やっぱり映画は難しいなぁ』って無事クランクアップができたら一番いいことですね」とコメントを寄せた。

また阪本組初参加の斎藤は、出演依頼を受けたときの気持ちを「傑作だらけの阪本作品の中で個人的に最も圧巻だったのが藤山直美さん主演の『顔』でした。そんな阪本監督×藤山さんを軸に岸部さん石橋さん大楠さん…邦画界のレジェンド方とご一緒出来る幸福に震えました」と述べている。

「団地」は栃木・足利市にて目下撮影中。公開は2016年を予定している。

阪本順治監督 コメント

「顔」とは違ったものを一緒にやるということで、楽しいやら怖いやら……。
(「顔」を撮影した)当時は「藤山さんとはこの1本で終わってもいい」というくらいのつもりでやっていました。15年経って、(藤山さんのスケジュールが)あいている、と(聞いた)。「顔」の延長上ではなく、新しいものを作れる気がしたんです。それでシノプシスを渡したら、「あんたはアホやな」と。
この15年間、(藤山さんの)舞台を仰ぎ見てきましたが、もう一度めぐりあってチャンスに恵まれました。舞台の藤山直美ではない人物像をどう造形していくか、それを観ていただきたいです。
(藤山さんとこうして組むことができて)幸せ者だと思います。

藤山直美 コメント

(阪本監督からのオファーは)悪魔の囁きやね。シノプシスをいただいたとき、「ついに病状もここまできたか」と。
団地は、大阪万博(1970年)の頃にたくさんできて憧れてました。小学生の時、魅力的に感じて友達に「中を見せて見せて」と言ったりしてましたね。
舞台と映画は違うことばかりですごく難しいです。でも映画の現場に慣れようとは思いません。わからないことはいつも監督に聞きます。そうやって「あー、やっぱり映画は難しいなぁ」って無事クランクアップができたら一番いいことですね。
ネタばらしになるので内容は言えませんが、楽しみにしていただけたらうれしいです。

斎藤工 コメント

オファーを受けたときの気持ち

震えました。本当にあの阪本順治監督の“坂本組”か、事務所に何度も確認したと思います。傑作だらけの阪本作品の中で個人的に最も圧巻だったのが藤山直美さん主演の「顔」でした。そんな阪本監督×藤山さんを軸に岸部さん石橋さん大楠さん…邦画界のレジェンド方とご一緒出来る幸福に震えました。
が 気負い過ぎず どうにかして愉しみたいと思いました。

脚本を読んだときの印象

阪本監督の頭の中を覗いてみたいと思った事は初めてではありませんが この脚本を読み 未だ嘗てない程強くその感情になりました。
全く前例が無く世界が驚き唸る物語・映画になるなと確信しました。
なので多くを語れないです。
後に 阪本監督の生い立ちや環境を伺い“成る程”と唸りました。

作品全体および真城役の見どころ

“阪本組”と言う大きな船に乗ってみたらば
急に船が翼を生やし大空をギュイーンと飛び出した感じがしております。
この未知なる映画プロジェクト「団地」
無視出来ない・無視しちゃいけない邦画が誕生する自信があります。
是非とも見逃さないで下さい。

映画ナタリーをフォロー