映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

女優志すNGT48北原里英、「松井玲奈ちゃんと共演したい」

177

左から全国観光PR大使のもじゃ、NGT48の北原里英。

左から全国観光PR大使のもじゃ、NGT48の北原里英。

本日6月12日、東京・iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズにてショートショート フィルムフェスティバル&アジア2015の「AKB ShortShorts」project製作発表が行われ、NGT48の北原里英が登壇した。

「AKB ShortShorts」とは、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2015とAKB48のコラボレーション企画。「9つの窓」というタイトルのもと10分のショートフィルムを9作品制作し、AKB48メンバーがそれぞれの主演を務める。ジャンルはハートフル、ファンタジー、コメディ、サスペンスなどさまざま。制作はすでに進んでおり、9本中4本は撮影済みであるという。

登壇早々「ショートフィルムの魅力は、短い間によさが凝縮されているところ」と熱く語る北原は、「お電話ありがとうございます」という作品で主演を務めている。作品については「私は電話受付のオペレーターの役です。苦情電話の受け答えをしているんですけど、ある日未来から電話がかかって来るんです。ちょっとSFっぽい作品なんですが、最後にはまさかの展開が待っています」と説明した。

司会から48グループの中で共演してみたいメンバーを尋ねられると、先日卒業を発表した松井玲奈の名前を挙げ「松井玲奈ちゃんはお芝居の道に進みたいという理由で卒業を決めたみたいで。いずれ私も同じ道に進みたいと思っているので、どこかで共演できたらいいなと思っています」と返答。さらに最近気になる俳優は山田孝之だと明かし、「シリアスな役からコミカルな役まで、幅広く演じる役者さんだと思っています。そのお芝居を近くで拝見してみたい」と目を輝かせた。

北原は「このショートショートフィルムフェスティバルが女優としての1歩になったらいいなと思っています。私含め、メンバーみんな演技は初心者ですが、温かく見守っていただけたら」とコメント。なお、北原は演技の道を目指しているものの卒業はまだ考えていない様子で、「NGT48のこともあるので、まだしばらくはアイドルとしてがんばりたいと思います!」と意気込んだ。

会場では宮澤佐江主演の「回想電車」が上映された。残り5本のキャストに関しては9月9日に「AKB ShortShorts」公式サイトにて発表。2016年早春に神奈川・ブリリア ショートショート シアターほかにて全国順次公開される。

9つの窓

「お電話ありがとうございます」監督:名倉愛 / 脚本:隈部雅則 / 出演:北原里英(NGT48)
「赤い糸」監督:曽根剛 / 脚本:吉原れい / 出演:茂木忍(AKB48)
「回想電車」監督:比呂啓 / 脚本:隈部雅則 / 出演:宮澤佐江(SNH48/SKE48)
「さおり」監督・脚本:廣瀬陽 / 出演:中西智代梨(AKB48)

映画ナタリーをフォロー