ラピュタのロボット兵「アベンジャーズ」に登場、ジブリ&アメコミヒーローのコラボ

636

脚本家としても活躍するジョス・ウェドンの監督最新作「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」が7月4日に全国公開される。今回その劇中に宮崎駿の代表作「天空の城ラピュタ」のロボット兵が登場することが明かされた。

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 (c)Marvel 2015

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」 (c)Marvel 2015

大きなサイズで見る(全8件)

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」ポスタービジュアル  (c)Marvel 2015

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」ポスタービジュアル (c)Marvel 2015[拡大]

このコラボレーションは、ジブリ作品の大ファンであるウェドンが、ディズニー・アニメーションの責任者で宮崎と親交の厚いジョン・ラセターに相談し、スタジオジブリからの承認を得て実現したもの。ウェドンは、「『天空の城ラピュタ』のロボット兵の小さなレプリカをトニーのアパートの部屋に置けないかと自分から提案したんだ」と、ロバート・ダウニー・Jr.扮するアイアンマンことトニー・スタークの住居にロボット兵が登場することを明かす。続けて、クローズアップカットはないものの「ロボット兵の片腕ぐらいは見えるかも……」と詳細をほのめかしている。

「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」などアメコミ原作のヒーローたちが、人類滅亡の危機を救うため立ち上がる「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」。ディズニー映画にジブリのキャラクターが登場するのは、「トイ・ストーリー3」のトトロ以来約5年ぶりとなり、本編のエンドクレジットには「ラピュタのロボット兵はスタジオのご厚意により、本映画に登場しています」というメッセージが挿入されるほか、クライマックスでは「天空の城ラピュタ」を彷彿とさせるシーンが描かれ、スタジオジブリへの敬愛の念が詰まった作品に仕上がっている。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

ジョス・ウェドンのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 天空の城ラピュタ / アイアンマン / キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー / トイ・ストーリー3 / アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン / ジョス・ウェドン / 宮崎駿 / ロバート・ダウニー・Jr. / ジョン・ラセター の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。