「龍三親分に憧れます」E-girlsリーダーのAyaが語る、北野武監督最新作

156

北野武監督の最新作「龍三と七人の子分たち」公式サイト内のWEBマガジン「週刊 龍三セブン」第7号が、本日4月17日に配信された。公開日の4月25日まで毎週掲載されるカウントダウンインタビューでは、E-girlsのリーダーでDreamとしても活躍するAyaに話を聞いている。

E-girlsのリーダーを務めるAya。

E-girlsのリーダーを務めるAya。

大きなサイズで見る(全2件)

「龍三と七人の子分たち」ポスタービジュアル (c)2015「龍三と七人の子分たち」製作委員会

「龍三と七人の子分たち」ポスタービジュアル (c)2015「龍三と七人の子分たち」製作委員会[拡大]

「龍三と七人の子分たち」は、元ヤクザのジジイたちが、オレオレ詐欺集団の若者と対決を繰り広げるエンタテインメント作。ヤクザ映画好きの父親と一緒に「難波金融伝・ミナミの帝王」シリーズを観ていたというAyaだが、本作は「ギャグがめいっぱい詰まっている。会話のテンポが最高で、漫才を見てるみたい」と当初のイメージが覆され、思わず爆笑したと明かす。弱っていた元ヤクザたちが再結集して生気を取り戻す“グループ力”には、共感を抱いたという話も。「メンバー同士の波長が完璧にあったときって、ソロでは絶対に出せない巨大なパワーが作れるんです」と自身が所属するグループと藤竜也率いる一龍会を重ねあわせた。

映画の感想から、「龍三親分みたいなカリスマにちょっぴり憧れはあります」というAya独自のリーダー論にまで話は及ぶ。インタビューの完全版は、音楽ナタリーに掲載中。こちらもあわせてチェックしよう。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

北野武のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 龍三と七人の子分たち / 北野武 / E-girls の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。