映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ファスビンダー監督が遺した戯曲を上演、緒川たまきが月面都市で娼婦に

75

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの戯曲「ゴミ、都市そして死」「猫の首に血」の2作品が世田谷パブリックシアターにて上演される。

「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」で知られるファスビンダーは、1960年代から1970年代にかけて活動していた映画監督。37歳の若さで逝去したが、短いキャリアの中で40本以上の映画を発表した。彼は戯曲も手がけており、その中から1970年代に執筆された女性が主役の2作品を、劇団SWANNYが上演する。

「ゴミ、都市そして死」では、2013年の初演時と同じく緒川たまきを主演に迎えて、月面上の都市に生きる娼婦たちを描く。「猫の首に血」は地球に落ちてきた宇宙人の女の子を主人公にした物語で、今年デビューしたばかりの朝比奈かずが大役に抜擢された。初演であるこの作品は、ドイツ文学者の渋谷哲也、映画評論家の柳下毅一郎の協力のもと、日本語訳の台本を作り上げたという。

期間は6月25日から28日までの4日間で、どちらの作品も3回の上演。なおチケットの一般発売は、4月8日より各プレイガイドで開始している。詳しくは公式サイトにて確認を。

SWANNY Vol.7 ファスビンダーの「ゴミ、都市そして死」「猫の首に血」2本同時公演

2015年6月25日(木)~28日(日) 東京都 世田谷パブリックシアター

ゴミ、都市そして死

6月25日(木)、26日(金) 開場 18:30 / 開演 19:00
6月27日(土) 開場 12:30 / 開演 13:00
<出演者>
緒川たまき / 若松武史 / 仁科貴 / 渚ようこ ほか

猫の首に血

6月27日(土) 開場 18:30 / 開演 19:00
6月28日(日)[1回目]開場 11:30 / 開演 12:00 [2回目]開場 15:30 / 開演 16:00
<出演者>
朝比奈かず / 辻田暁 / 山田キヌヲ / 鬼頭典子 ほか

映画ナタリーをフォロー