「ワイルド・スピード」試写会で金爆&8.6秒バズーカー爆笑トーク

42

本日4月9日、「ワイルド・スピード SKY MISSION」の日本語吹替版完成披露試写会が都内で開催された。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」日本語吹替版完成披露試写会舞台挨拶の様子。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」日本語吹替版完成披露試写会舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全11件)

ゴールデンボンバー

ゴールデンボンバー[拡大]

イベントには、前作「ワイルド・スピード EURO MISSION」で“テレビCMの効果音役”を務め、本作では吹替版声優として参加したゴールデンボンバーが登場。英語版ではセリフのない“全身金粉セレブダンサー”役を演じた喜矢武豊(Gita-)は「なぜか僕だけがセリフがないという。でもこれがハリウッドへの道だと思ってがんばります!」と観客を笑わせる。歌広場淳(Be-su)は「クレジットに名前が載るということもあって、真剣にやらなきゃと思いましたね。皆さんが思ってるよりは真剣にやりましたよ」と、真面目な一面をのぞかせていた。また「今回の吹替はハリウッドの映画界でも話題になっているのでは?」という質問には樽美酒研二(Doramu)が「オファー来るでしょう! 映画を観ればわかる通り坊主しか出てないんだから、それにあわせて役作りしたんだから!」と、劇中の登場人物たちと自身の髪型を比較して主張。喜矢武とは異なる方向からのハリウッドデビューを目指す意気込みを見せた。

ネタを披露する8.6秒バズーカー。

ネタを披露する8.6秒バズーカー。[拡大]

4人が吹替をしたパーティシーンでは、パニック状態になった会場の中で“ガヤ”の声を出す場面も。ここで4人がアドリブで口にしたセリフのうち、鬼龍院翔(Vo-karu)がお笑いコンビ・8.6秒バズーカーのネタから「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん!」と叫んでいたことを司会者から指摘され、鬼龍院は「言ってたかな……?」と狼狽する。そこへサプライズゲストとして8.6秒バズーカーの田中シングル、はまやねんの2人が登場し会場は大歓声に包まれた。

田中は満面の笑みで鬼龍院に「僕らもハリウッドデビューできたってことですね!」と話しかける。しかしここで「ちょっと待ってちょっと待って」を言っていたバージョンは不採用になったことが明かされると2人は「ええー!!」と愕然。客席から笑いが起こる中、鬼龍院からは「もう帰っていいよ」とツッコまれていた。

しかし2人は舞台をあとにすることなく、持ちネタの「ラッスンゴレライ」を披露。途中のセリフでは「印税、年間、数億」と鬼龍院をいじり笑いを誘っていた。舞台挨拶終了後のフォトセッション中には、2組が映画とは離れた話題で盛り上がる。樽美酒が「最近給料って上がりました?」と田中に問いかけると「ちょっとだけ、ちょっとだけ上がりました」と気の利いた返答で応じた。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」日本語吹替版完成披露試写会舞台挨拶の様子。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」日本語吹替版完成披露試写会舞台挨拶の様子。[拡大]

ゴールデンボンバーは映画の見どころについてもコメントし、「本当にアクションがすごいです。相当お金かかってると思うので、いくらかかったか当てて欲しいですね」(喜矢武豊)、「(ストーリー的に)感動もできるのでそういうところを見逃さないでくだい」(鬼龍院翔)とアピールした。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」は4月17日より全国公開される。

この記事の画像(全11件)

関連記事

ゴールデンボンバーのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ワイルド・スピード SKY MISSION / ゴールデンボンバー / 8.6秒バズーカー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。