映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

片想い女子のバイブル「先輩と彼女」が志尊淳、芳根京子主演で映画化

15

「先輩と彼女」場面写真 (c)「先輩と彼女」製作委員会

「先輩と彼女」場面写真 (c)「先輩と彼女」製作委員会

南波あつこ原作のマンガ「先輩と彼女」の実写映画化が決定した。

本作は2004年から2005年にかけて別冊フレンドに連載されていた青春ラブストーリーで、全2巻ながら発行部数100万部を超える人気作。先輩の美野原圭吾に想いを寄せる女子高生、都築りかの切ない恋を描き、“片想い女子の永遠のバイブル”と言われた。

連載から10年を経ての映画化にあたり、プロデューサーらは「烈車戦隊トッキュウジャー」でライト/トッキュウ1号を演じた志尊淳を圭吾役に抜擢。原作者も「トッキュウジャー」での志尊の演技を高く評価し、映画化が決定した。また主人公りかにはNHK連続テレビ小説「花子とアン」の芳根京子が扮するほか、梨里杏、戸塚純貴、水谷果穂ら注目の若手俳優たちが顔をそろえる。メガホンを取るのは、西島秀俊と加瀬亮が共演した「東南角部屋二階の女」の池田千尋

「先輩と彼女」は2015年秋公開予定。

映画ナタリーをフォロー