映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

志尊淳と戸塚純貴、「先輩と彼女」舞台挨拶で“エア顎クイ”競演

250

「先輩と彼女」初日舞台挨拶の様子。左から戸塚純貴、小島梨里杏、志尊淳、芳根京子、水谷果穂、池田千尋。

「先輩と彼女」初日舞台挨拶の様子。左から戸塚純貴、小島梨里杏、志尊淳、芳根京子、水谷果穂、池田千尋。

先輩と彼女」の初日舞台挨拶が本日10月17日に東京・新宿バルト9にて行われ、美野原圭吾役の志尊淳、都築りか役の芳根京子、沖田葵役の小島梨里杏、矢田哲雄役の戸塚純貴、桃谷木綿子役の水谷果穂、監督の池田千尋が登壇した。

「先輩と彼女」は、全2巻で発行部数100万部を超える南波あつこの同名コミックを原作とする青春ラブストーリー。主人公・りかと、彼女が片思いする“みの先輩”こと圭吾の恋模様を描く。

志尊は、出演オファーを受けた際に「少女マンガの主人公はカッコよくなければいけない、というハードルがあったので、『自分にはできないな』という不安がありました」と吐露。芳根は「私もとにかく不安だったんですけど、ヒロインって女の子に共感してもらうことが一番大事だと思うので、監督と相談してがんばりました」と述べた。

池田が撮影中のキャスト陣について「戸塚くんと志尊くんは男の子同士だからかぐんぐん仲良くなっていきましたね」と語ると、志尊が「(撮影の)最後のほうには銭湯で(戸塚と)裸の付き合いをするぐらいの仲になりました」と明かす。芳根は、圭吾を巡る恋のライバル・葵を演じた小島と「撮影が終わってから本音を話せる仲になりました」と回想。志尊が「撮影現場ではこの2人(芳根と小島)はあんまりしゃべってなかったんです。でも打ち上げのときには2人でニッコニコしながら僕の前にやってきて、『みの先輩はもうどうでもいいから!』って言うんです」と笑わせる。

続いて、MCが「『先輩と彼女』の登場キャラクターに恋するとしたら誰ですか?」と質問。芳根が「陽気なてっちゃん先輩(戸塚が演じた矢田哲雄)がツボでして、撮影中はずっと笑ってたんです。ほんとに面白いんですよ!」と回答すると小島も同意し、戸塚の演技を絶賛する。

イベントの終盤では、来場者に向かって志尊と戸塚が“エア顎クイ”を披露。戸塚がまず実践してみせると大きな笑い声が起き、続いて志尊が「黙ってないでなんか言えよ。……好きだよ」というセリフとともにエア顎クイをすると、会場が大歓声と拍手に包まれる。志尊に「めっちゃ納得いかないって顔してます(笑)」と指摘された戸塚は、「『キャーッ』て言ってましたね! (顎クイを)されてませんからね、実際には!」と来場者に向けてツッコミを入れ、爆笑を呼んでいた。

映画ナタリーをフォロー