映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ワイルド・スピード」ファミリー集結でヴィンの笑顔炸裂!功績たたえた式典も

575

ヴィン・ディーゼルの栄誉を祝して集まった「ワイルド・スピード」メンバー。(c)2014 Universal Pictures

ヴィン・ディーゼルの栄誉を祝して集まった「ワイルド・スピード」メンバー。(c)2014 Universal Pictures

4月3日に全米公開を控えた「ワイルド・スピード SKY MISSION」のワールドプレミアがロサンゼルスのハリウッド&ハイランドセンターにて現地時間4月1日に開催された。

劇中に登場する高級車がずらりと並ぶ会場には主演のヴィン・ディーゼルをはじめ、ドウェイン・ジョンソンミシェル・ロドリゲスジョーダナ・ブリュースタータイリース・ギブソンといったおなじみのメンバーが集結。加えてジェイソン・ステイサムルーク・エヴァンスら新旧キャストやジェームズ・ワン監督も駆け付け、「ワイスピファミリー」勢ぞろいのまさにプレミアムなイベントとなった。巨大な会場を埋め尽くすほどのファンを前に、ヴィンは「今この場所に集まっている観客のみんなから、信じられないほどの愛情を感じる。すべてが始まった1327番地に戻って来られて、ファンが望む作品を提供できたと思っているよ」と自身が演じたドミニクのホームでもあるロサンゼルスで記念すべき祭典を開催できた喜びを伝えた。

ワールドプレミアが始まる前に、ヴィンはTCLチャイニーズシアターの前庭に手形と足形を残すセレモニーにも出席。ヴィンの勇姿を見るため、ファンはもちろん、ルーク・エヴァンスらシリーズのキャストに監督、さらに愛する家族も集った。「ここに立てているのは奇跡だよ。家族、友人、ブラザー、みんな愛してる。こんなファミリーを持てて本当に幸せだよ」と喜ぶヴィンは、娘のハニアちゃんと息子のヴィンセントくんの指形を一緒にかたどるという父親らしい一面も。「『ワイルド・スピード』は最高のチームだ。当初はシリーズ化不可能だと言われていたけど、俺は可能だと信じていた。チームの1人ひとりが根気強く、最高の作品を作ることにベストを尽くしていたからだ」とシリーズ7作を経て築き上げたチームへの信頼をあらわに。誰よりもこの日を楽しみにしていたというヴィンは「ありがとう、みんな愛してるよ!」と伝えてこの最高なひとときを謳歌した。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」は4月17日より全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー