オーウェン・ウィルソン

オーウェンウィルソン

作家希望でテキサス大学英文科に入学するが、戯曲の授業でウェス・アンダーソンと知り合い、演技に目覚める。1991年、アンダーソンの初監督作品「アンソニーのハッピー・モーテル」(1996)に主演して映画デビュー。弟は俳優のルーク・ウィルソン。