クロエ・セヴィニー

クロエセヴィニー

ニューヨークでハーモニー・コリンと出会い、1995年に彼の脚本でラリー・クラーク監督の「キッズ」で主役に抜擢され鮮烈デビューを飾る。その後、ハーモニー・コリンが初監督した「ガンモ」(1997)でも際立った存在感を見せ、「ボーイズ・ドント・クライ」(1999)でも繊細な演技を見せている。