コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「家に帰ると妻が死んだふり」最終巻、冊子などが初版分に

25

K.Kajunsky原作によるichida「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の最終3巻が8月11日に発売される。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」は、K.KajunskyがYahoo!知恵袋に投稿した同タイトルの質問をコミカライズしたもの。死んだふりをして夫の帰りを待つ妻と、妻の死んだふりに困りつつもスルーを続ける夫の日常を描く。

3巻ではK.Kajunskyの書き下ろしネタ12編を含む計15編をマンガ化。また巻末には「妻が死んだふり」の真相について、K.Kajunskyが独自の解釈で綴ったテキストが16ページの袋とじで収められている。初版分にはマンガ化されなかったエピソードと、ネタを書き込めるページ「死んだふり手帖」を収めた小冊子に加え、「死んだふりシール」が付属する。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。3巻

「水着と妻」※
「バブルと妻」
「オレオレ詐欺と妻」※
「快適な生活と妻」※
「パーティと妻」※
「節約と妻」※
「バレンタインデーと妻」※
「宝くじと妻」
「雪の日と妻」※
「父と妻」※
「トカゲと蟲と妻」
「誕生日と妻」※
「新婚旅行と妻」※
「ネコと妻」※
「輪廻転生と妻」※
※は新規書き下ろしネタ

コミックナタリーをフォロー