コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「まじもじるるも」新章スタート、魔女っ子たちが中学生に

27

本日6月26日に発売された月刊少年シリウス8月号(講談社)にて、渡辺航「まじもじるるも―放課後の魔法中学生―」がスタートした。

「まじもじるるも―放課後の魔法中学生―」は、「魔界編」に続く「まじもじ」シリーズ第3部。最下級第十三級の子魔女ルシカたちが、るるもの監督のもとに地上の中学校で言霊を集め、新魔法システム「呪文字(まじもじ)」を実用化にこぎつけるため奮闘する様を描く。また今号には「みならい女神プルプルんシャルム」のドラマCD発売を記念し、着せ替えCDジャケットが2枚封入されている。

7月26日に発売される次号月刊少年シリウス9月号からは、新連載が続々とスタートする。9月号では家の裏でマンボウが死んでるPの代表曲でもあり小説も発売された「クワガタにチョップしたらタイムスリップした」のコミカライズが、夏にはライトノベル「クロックワーク・プラネット」のコミカライズが始動。また香月日輪「大江戸妖怪かわら版」を高橋愛が描く新連載も準備中だ。さらに10月号では“巨弾新連載”もスタートすることが、「快[進撃]を続けるシリウス、前[人]未到の[巨]弾新連載」というアオリとともに告知された。

同じく7月26日には、月刊少年シリウスの独自ページ「水曜日のシリウス」がニコニコ静画にオープン。毎週水曜に、新作マンガが更新されていく予定だ。オープン時には、シリウス本誌でも連載される「クワガタにチョップしたらタイムスリップした」をはじめ、ライトノベル「彼女がフラグをおられたら」のスピンオフ連載や「みならい女神プルプルんシャルム 遠足編」がラインナップされている。

コミックナタリーをフォロー