手塚治虫×市川崑の実写映画「火の鳥」が初のBlu-ray化、7アイテム収録のBOXに

150

手塚治虫原作による映画「火の鳥」のBlu-ray BOXが、復刊ドットコムから12月中旬に発売される。

「映画『火の鳥』Blu-ray トレジャーBOX」

「映画『火の鳥』Blu-ray トレジャーBOX」

大きなサイズで見る(全11件)

若山富三郎演じる猿田彦のアニメ合成シーン。

若山富三郎演じる猿田彦のアニメ合成シーン。[拡大]

「火の鳥」の初映像化作品として、市川崑監督が1978年に作り上げた同映画。手塚は原作とともにアニメーション総指揮も務め、谷川俊太郎が脚本を手がけている。キャストとして若山富三郎、尾美トシノリ、高峰三枝子草刈正雄江守徹由美かおる大原麗子仲代達矢らが参加。原作の「黎明編」をベースとしたストーリーで、実写、アニメーション、特撮の3つを駆使して制作された。

市川崑による実写パートの絵コンテ。

市川崑による実写パートの絵コンテ。[拡大]

劇場公開以来、国内では一度もパッケージソフト化されなかった映画「火の鳥」だが、このたび高画質HDマスターを使用したBlu-rayとして初めてソフト化。Blu-ray BOXには本編ディスクのほか、谷川と市川による初稿を初めて見られる復刻台本をはじめ、絵コンテ集や資料集、公開当時に制作された宣材およびグッズ類をオールカラーで掲載したビジュアル集、劇場用イラストポスターの復刻版、公開時に発売されたカラーイラストカードの復刻版全18枚セット、全アイテムを収録するアウターBOXが付属する。価格は税込3万3000円。

なおBlu-ray BOXに加え、Blu-ray単品でも販売。Blu-ray BOXと共通で、メインスタッフへのインタビュー、書き下ろしルポルタージュ「メイキング・オブ・火の鳥(仮)」、宣材類のイラストを収録したブックレットが付属する。価格は税込8800円だ。

なおコミックナタリーでは、復刊ドットコムから発売される「鉄腕アトム 《オリジナル版》」全16巻の特集を展開中。「鉄腕アトム」連載当時の読者であり、虫プロダクションでTVアニメ版の制作にも携わった富野由悠季にインタビューを行った。

この記事の画像(全11件)

関連する特集・インタビュー

手塚治虫のほかの記事

リンク

(c)1978 東宝/手塚プロダクション

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 手塚治虫 / 市川崑 / 谷川俊太郎 / 若山富三郎 / 尾美としのり / 高峰三枝子 / 草刈正雄 / 江守徹 / 由美かおる / 大原麗子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。