「プリパラ」WITHの1年越し単独ライブ、サプライズ満載で画面の向こうにIIZE届ける

1992

アニメ「プリパラ」シリーズに登場する男子アイドルチーム・WITHの単独ライブ「WITH/lations by IdolTimePripara」が、本日5月8日に無観客生配信形式で開催された。当記事では昼の部をレポートする。

「WITH/lations by IdolTimePripara」の模様。左から三鷹アサヒ役の小林竜之、夢川ショウゴ役の山下誠一郎、高瀬コヨイ役の土田玲央。

「WITH/lations by IdolTimePripara」の模様。左から三鷹アサヒ役の小林竜之、夢川ショウゴ役の山下誠一郎、高瀬コヨイ役の土田玲央。

大きなサイズで見る(全31件)

WITH

WITH[拡大]

当初2020年4月に開催予定だったWITHの3rd単独ライブ「WITH/lations by IdolTimePripara」。新型コロナウイルスの感染状況を受け開催が自粛され、改めて今年5月の開催が決定していたものの、直前で無観客配信へ切り替えることとなった。そんな悔しさも吹き飛ばすように、ライブは1曲目から明るくハッピーなムードの「Quest Milky Way!」で幕開け。WITHこと夢川ショウゴ役の山下誠一郎、三鷹アサヒ役の小林竜之、高瀬コヨイ役の土田玲央の3人の笑顔を、カメラは真横や斜め下からの煽りといったさまざまなアングルで届けていく。続く「BLASTING CLAP!」ではガラリと雰囲気を変え、男子アイドルならではのクールでセクシーなパフォーマンスでファンを魅了した。

左から高瀬コヨイ役の土田玲央、三鷹アサヒ役の小林竜之。

左から高瀬コヨイ役の土田玲央、三鷹アサヒ役の小林竜之。[拡大]

WITH

WITH[拡大]

歌い終えると山下は「離れていてもより近くで、画面越しでもみんなの心に届くような、史上最高のパフォーマンスをやっていくので、最後まで一緒に楽しんでいきましょう」と挨拶。3人は和気あいあいとボケ・ツッコミを交えながらトークを展開しつつ、次の曲に向けて振り付けをレクチャーする。そしてカジュアルな衣装にチェンジすると、アサヒ、コヨイそれぞれのソロ曲を披露。さらにライブ初披露となるアサヒとコヨイのデュオ曲「マジック・アワー」では、延期になってからのこの1年間でブラッシュアップしたというシンメトリーなダンスで成長を見せつけた。そこからショウゴのソロ曲「エスコート・パレット・ショウタイム!」、3人が代わる代わる目の前に飛び込んでくるような至近距離でのカメラワークが楽し気な「ALWAYS WITH YOU!!!」へとシームレスにつなぐ。昨年12月に上演された舞台「WITH by IdolTimePripara」でも描かれた、2人チームだったWITHがショウゴを迎えて3人になるまでの物語を思わせる、エモーショナルな流れを作り上げた。

WITH

WITH[拡大]

バラエティコーナーではWITHのモチーフにかけ、「朝昼夜 君はいつやる? ALWAYS WITH DO!!!」と題したゲームを展開する。ゲームの内容はスクリーンに出された「散歩」「みそ汁を飲む」といったお題について、朝・昼・夜のいつ行うものか一斉に答え、3人の回答を合わせるというもの。結果回答をほとんど揃えられない3人だったが、リラックスしたトークの様子からは改めてチームとしての気の置けない関係性を感じることができた。

WITH

WITH[拡大]

ライブ後半では、3月のイベントでも披露したばかりの「リフレイン・ザ・シンフォニー」や、代表曲である「Giraギャラティック・タイトロープ」をまったく新しいアレンジで届けるというサプライズも。「いつもより少しだけ情熱的に」とささやいて始まった「Giraギャラティック・タイトロープ」では、背景に薔薇の花びらが舞い散る中、初めてのライブから歌い続けてきた楽曲を新たな魅力で輝かせた。

夢川ショウゴ役の山下誠一郎。

夢川ショウゴ役の山下誠一郎。[拡大]

ラストスパートを前に、3人から一言ずつメッセージが贈られる。小林は「皆さんの応援のおかげでここまで来れました。これからもWITHは一生懸命前を向いて走り続けていきます。皆さんと会える日をいつまでも心待ちにしています」と呼びかけ、土田は「1年寝かせることになった分、さらにいいものができあがったんじゃないかなと思います。男プリトップアイドルであるWITHに、少しでも近付けたかなと。またやりたい、このメンバーで」と2人に笑顔を向ける。山下は「『WITH/lations』を超えていかないと次に進めないという思いがあったので、無事にここまで来れたことをうれしく思います」と開催を迎えられたことを喜び、「今日が史上最高だけど、さらにその先に行くためにこれからもWITHはがんばっていきます」と画面の向こうに語りかけた。

WITH

WITH[拡大]

「それじゃあ行こうか。『オレーザービーム』」というコヨイのささやきから、ライブはいよいよクライマックスへ。「オレーザービーム」「JUST NOW!」とスタイリッシュな魅力の光る2曲で、男プリトップアイドルとしての貫禄を見せる。そして最後を飾った「好きにしてI-I-Z-E」では、キャラクターのCGライブ映像とシンクロするパフォーマンスでファンを驚かせた。歌い切った3人は、最後までカメラの向こうのファンに向かって「これからもよろしく!」「ありがとねー!」「またねー!」と笑顔で手を振り続け、昼公演の幕を下ろした。

「WITH/lations by IdolTimePripara」の配信視聴チケットは昼夜両公演ともに5月11日19時まで販売中。同日23時59分までアーカイブ視聴が可能だ。さらに夜公演の模様を収めたBlu-rayが、10月22日にリリースされることも決定した。明日5月9日から6月6日まで、アニメイト、ゲーマーズ、チケットぴあにてポストカードがもらえる早期予約キャンペーンも実施される。

この記事の画像(全31件)

「WITH/lations by IdolTimePripara」昼の部セットリスト

  1. Quest Milky Way! / WITH
  2. BLASTING CLAP! / WITH
  3. MYCS / アサヒ
  4. SHOW ME SO SWEET RULE / コヨイ
  5. マジック・アワー / アサヒ、コヨイ
  6. エスコート・パレット・ショウタイム! / ショウゴ
  7. ALWAYS WITH YOU!!! / WITH
  8. リフレイン・ザ・シンフォニー / WITH
  9. Giraギャラティック・タイトロープ / WITH
  10. スーパー・ダーリン / WITH
  11. オレーザービーム / WITH
  12. JUST NOW! / WITH
  13. 好きにしてI-I-Z-E / WITH
全文を表示

関連記事

山下誠一郎のほかの記事

リンク

(c)T‐ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / IPP製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山下誠一郎 / 小林竜之 / 土田玲央 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。