青木琴美、TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」でオリジナル脚本を執筆

53

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」「虹、甘えてよ。」の青木琴美が、4月17日24時58分にTBSでスタートする番組「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」に脚本で参加することが発表された。

「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」で脚本を担当するメンバー。上段左から秋元康、岡田惠和、バカリズム、大宮エリー。下段左から徳尾浩司、根本宗子、澤本嘉光、青木琴美。

「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」で脚本を担当するメンバー。上段左から秋元康、岡田惠和、バカリズム、大宮エリー。下段左から徳尾浩司、根本宗子、澤本嘉光、青木琴美。

大きなサイズで見る(全2件)

「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」プロジェクトメンバーの10人。

「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」プロジェクトメンバーの10人。[拡大]

「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」は、全国の10代の女性を対象に将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成するプロジェクト。昨年12月に発足したのちオーディションが開催され、プロジェクトメンバーとして活動していく10人が選出された。4月17日に開始となるプロジェクトタイトルと同名の番組「私が女優になる日_」では、彼女たちのために制作されるドラマの出演をかけて、10人が“演技バトル”を行っていく。この演技バトルで用いられるオリジナル台本を手がける1人として、青木の参加が発表された。

初回の脚本を担当するのは、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」やドラマ「にじいろカルテ」を手がけた岡田惠和。そのほかにも「おっさんずラブ」シリーズ、ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の徳尾浩司、映画「ジャッジ!」「一度死んでみた」の澤本嘉光、映画「海でのはなし。」、ドラマ「the波乗りレストラン」の大宮エリー、劇作家の根本宗子、芸人であり脚本、作家など多方面で活躍するバカリズムも執筆者として名を連ねた。またプロジェクトの総合プロデューサーである秋元康も脚本を手がける。

この記事の画像(全2件)

青木琴美のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 青木琴美 / 岡田惠和 / 徳尾浩司 / 大宮エリー / 根本宗子 / バカリズム / 秋元康 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。