「とつくにの少女」最終巻、人外×少女で過ごした温かな時間が終わる

220

ながべ「とつくにの少女」の最終11巻が、本日4月9日に発売された。

「とつくにの少女」11巻

「とつくにの少女」11巻

大きなサイズで見る(全3件)

「とつくにの少女」は外の国と内の国、2つの国が存在する世界を舞台にしたダークファンタジー。2015年9月から2021年3月にかけて月刊コミックガーデン(マッグガーデン)で連載され、2019年には短編アニメ化を果たした。2022年3月10日には番外編の単行本発売も決定しており、特装版には「とつくにの少女」の長編アニメーションがOADとして同梱される。

最終11巻ではずっとシーヴァが捨てられた子供だと思っていた「せんせ」が、彼女の正体について驚きの真実を知り……。単行本の購入者に、アニメイトでは描き下ろしのイラストカードが、全国の一部書店、マッグガーデン特約店、COMIC ZIN、MAG Garden Online Storeでは描き下ろしのメッセージペーパーが配布される。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ながべのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ながべ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。