フランスの哲学者がパグに?モーニング新連載「JKさんちのサルトルさん」

155

大間九郎原作によるさのさくらの新連載「JKさんちのサルトルさん」が、本日4月1日発売のモーニング18号(講談社)にてスタートした。

「JKさんちのサルトルさん」扉ページ

「JKさんちのサルトルさん」扉ページ

大きなサイズで見る(全3件)

「出禁のモグラ」キービジュアル

「出禁のモグラ」キービジュアル[拡大]

「JKさんちのサルトルさん」は、川崎在住の女子高生・巫マリオが多摩川の河川敷で言葉を話すパグを拾ったことから展開されるコメディ。生きづらさを感じながら日々を過ごしていたマリオは、川に流れているパグを見つける。するとそのパグは、自分を20世紀フランスを代表する哲学者であるジャン=ポール・サルトルと名乗り……。

なお4月8日に発売される次号19号にて、江口夏実の新連載「出禁のモグラ」がスタート。今号には同作のメインビジュアルが公開された。

この記事の画像(全3件)

江口夏実のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 江口夏実 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。