幻のED薬を巡る「JUMBO MAX」2巻、伊集院光「中年のためのドラえもんだよ」と推薦

6

86

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 21 34
  • 31 シェア

高橋ツトム 「JUMBO MAX」2巻が、本日3月30日に発売された。単行本の帯には伊集院光からの推薦コメントが寄せられている。

「JUMBO MAX」2巻の帯あり。

「JUMBO MAX」2巻の帯あり。

大きなサイズで見る(全2件)

ビッグコミック(小学館)で連載中の 「JUMBO MAX」は、愛する妻と義理の娘とともに穏やかな日常を過ごしていた中年男性の曽根建男が、ある幻の“薬”と出会ったことで人生が大きく動き出すクライムストーリー。2巻では建男が作ったED薬「ジャンボマックス」を飲んだ男が死に至り、鹿子から「薬の成分を教えないと薬は建男が造ったものだとバラす」と脅されてしまう。さらに強気に振る舞う鹿子の前には刑事が現れ、事態は思わぬ方向へと加速していく。伊集院からは「JUMBO MAXは、僕ら中年のためのドラえもんだよ」とコメントが寄せられた。なおビッグコミックの公式サイトでは第1~3話の試し読みを公開中だ。

※高橋ツトムの高ははしご高が正式表記。

この記事の画像(全2件)

読者の反応

  • 6

kirinuki @kirinuki1

幻のED薬を巡る「JUMBO MAX」2巻、伊集院光「中年のためのドラえもんだよ」と推薦 https://t.co/41iHNlHAiR

コメントを読む(6件)

関連記事

高橋ツトムのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 高橋ツトム / 伊集院光 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。