「大家さんと僕」新作5話を放送、のちゃーん出演回やアニオリのエピソードも

119

矢部太郎カラテカ)原作によるアニメ「大家さんと僕」の新作エピソードである第11話から第15話までが、3月24にNHK総合で放送される。

アニメ「大家さんと僕」第14話「花火」より。

アニメ「大家さんと僕」第14話「花火」より。

大きなサイズで見る(全4件)

アニメ「大家さんと僕」第13話「ライバル」より。

アニメ「大家さんと僕」第13話「ライバル」より。[拡大]

「大家さんと僕」は東京・新宿区のはずれの一軒家で暮らす矢部と、大家のおばあさんとの交流を描いた作品。2020年3月に第1話から第5話まで、6月に第6話から第10話までがオンエアされた。今回届けられる新作エピソードのうち、第13話「ライバル」には矢部の後輩芸人・のちゃーん(ちゃらん婆)が本人役として出演。さらに第14話「花火」は原作にはないアニメオリジナルの物語だ。

矢部からはコメントが到着。新作エピソードについて「今回はなんと、アニメオリジナルのお話も作られました。僕と大家さんが花火を見るお話です。原作にはない物語に、僕が一番興奮しています。そして!原作で大家さんの次に人気のキャラ(僕よりも!)である後輩芸人のちゃーんも登場します。しかも、本人自ら声を演じていて……目立ちすぎです(笑)。どちらも素晴らしすぎて、夢のようです!」と喜びを語った。なおアニメは放送から1週間、NHKプラスで配信される。

矢部太郎コメント

この春も『大家さんと僕』の新作アニメが放送されること、とても嬉しく思います。
今回はなんと、アニメオリジナルのお話も作られました。僕と大家さんが花火を見るお話です。原作にはない物語に、僕が一番興奮しています。
そして!原作で大家さんの次に人気のキャラ(僕よりも!)である後輩芸人のちゃーんも登場します。しかも、本人自ら声を演じていて……目立ちすぎです(笑)。どちらも素晴らしすぎて、夢のようです!
シーズン1が放送された昨年3月。先の見えない不安な夜にアニメ『大家さんと僕』をたくさんの方と観たこと、そしてご感想を頂いたことで、僕自身救われた思いがありました。
まだまだ大変な時が続きますが、おやすみ前のひとときに、ご覧になって、大切な誰かのことを思ってもらえたら幸いです。

この記事の画像(全4件)

アニメ「大家さんと僕」第11話~第15話

放送局:NHK総合テレビ
日時:2021年3月24日(水)23:45~24:10

スタッフ

原作:「大家さんと僕」矢部太郎カラテカ
主題歌:矢野顕子「大家さんと僕」
制作:吉本興業
監督:作田ハズム
脚本:細川徹
アニメーション制作:ファンワークス

キャスト

僕(矢部太郎):上川周作
大家さん:渡辺菜生子
のちゃーん:のちゃーん(ちゃらん婆)

全文を表示

関連記事

矢部太郎のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 矢部太郎 / 矢野顕子 / 作田ハズム / 上川周作 / 渡辺菜生子 / カラテカ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。