第14回メディア芸術祭、マンガ部門大賞は「ヒストリエ」

254

本日12月8日、第14回文化庁メディア芸術祭受賞作品が発表された。マンガ部門の大賞に選ばれたのは、月刊アフタヌーン(講談社)で連載中の岩明均「ヒストリエ」。

マンガ部門大賞を受賞した、岩明均「ヒストリエ」。 (C)岩明 均/講談社

マンガ部門大賞を受賞した、岩明均「ヒストリエ」。 (C)岩明 均/講談社

大きなサイズで見る(全7件)

マンガ部門大賞を受賞した岩明均の直筆コメント。

マンガ部門大賞を受賞した岩明均の直筆コメント。

大きなサイズで見る(全7件)

文化庁メディア芸術祭は、メディア芸術の振興を目的として、CG-ARTS協会が文化庁、国立美術館とともに主催する祭典。マンガ部門のほか、アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門の4部門で優れた芸術作品を表彰するとともに、国内外の作品を広く紹介する。

マンガ部門の審査員は永井豪かわぐちかいじさいとうちほら現役のマンガ家のほか、東京工芸大学准教授の細萱敦氏、神戸松蔭女子学院大学教授の村上知彦氏が担当。永井は総評として「最終審査では歴史を扱ったマンガが審査員の票を多く集めた。かつて主流だった荒唐無稽な作品が少なくなっていることは少し寂しい気はします。」「今年度の受賞作品を通して“マンガの今”を感じて頂けるのではないだろうか。」とコメントした。

大賞を受賞した岩明は、「一般の方にあまりなじみのない題材なので、やるだけやってそっぽを向かれたらもうしょうがないな、と思いつつ続けてきた部分がかなりあり、開始から7年、ご支持をいただけた事は大きなよろこびです。開始から7年経つのに単行本がいまだ6冊というのが何とも面目ない話で、今現在もほかのマンガ家さんが聞いたら笑ってしまうようなわずかな仕事量に立ち往生し、机にへばりついておる所です」と直筆のコメントを寄せた。

マンガ部門では、大賞を受賞した「ヒストリエ」のほか、坂本眞一「孤高の人」、みなもと太郎「風雲児たち 幕末編」、鬼頭莫宏「ぼくらの」、山本直樹「レッド」が優秀賞を受賞。また奨励賞には福満しげゆき「うちの妻ってどうでしょう?」が選ばれている。

「第14回文化庁メディア芸術祭」は、2011年2月2日から13日まで、六本木・国立新美術館で開催される。受賞作品の展示や受賞者によるシンポジウムや学生を対象にしたワークショップなど、さまざまなイベントが行われる予定だ。

問い合わせ

CG-ARTS 協会内「文化庁メディア芸術祭事務局」
フリーダイヤル:0120-454536

この記事の画像(全7件)

関連記事

岩明均のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 岩明均 / 坂本眞一 / みなもと太郎 / 鬼頭莫宏 / 山本直樹 / 福満しげゆき / 永井豪 / かわぐちかいじ / さいとうちほ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。