虐待、貧困などを乗り越え…高階良子の自伝的作品「70年目の告白~毒とペン~」1巻

76

高階良子「70年目の告白~毒とペン~」1巻が、本日2月16日に発売された。

「70年目の告白~毒とペン~」1巻

「70年目の告白~毒とペン~」1巻

大きなサイズで見る

月刊ミステリーボニータ(秋田書店)で連載中の同作は、高階が自らの人生を振り返る自伝的作品。物語はマンガ家の涼が母を看取った場面から始まる。あるきっかけで涼の精神は終戦前に跳び、1946年の自らの誕生を客観的に見ることに。その後は貧困、病気、母からの虐待、父の死などの苦難に耐えながら、物置で拾った絵本の続きを想像したり、小学校の授業中に空想にふけったりする、のちにマンガ家として多くの作品を生み出すことになる彼女の子供時代が描かれている。

関連記事

高階良子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 高階良子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。