公爵の座を譲り、騎士になったお嬢さまを描く新連載「ラミア・オルフェが死んだ」

90

Songseoriが原作、Hadiが脚色、Gamunbiがマンガを手がける新連載「ラミア・オルフェが死んだ」が、本日10月27日にピッコマでスタートした。

「ラミア・オルフェが死んだ」メインビジュアル

「ラミア・オルフェが死んだ」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

同作に登場するのは、カルヘン帝国内唯一の公爵家に長女として生まれたラミア・オルフェ。非凡な才能を持つ彼女はいずれオルフェ家の当主となるはずだったが、弟にその座を譲り、自らは騎士を目指すことにした。それには残虐非道なことで知られる、カルヘン帝国の第二皇子アクイラ・シアドルの存在があり……。連載は今後、毎週火曜日に更新される。

この記事の画像(全4件)

リンク

(c)Hadi, Gamunbi, Songseori / CONTENTSLABBLUE

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。