高浜寛による長崎三部作の最終節「扇島歳時記」1巻、廓に生まれた少女描く

74

高浜寛の新作「扇島歳時記」1巻が本日9月28日に発売された。

「扇島歳時記」1巻

「扇島歳時記」1巻

大きなサイズで見る

「扇島歳時記」は1860年代の長崎・出島を舞台に、遊郭で生まれ遊女たちの身の回りの世話などをする禿(かむろ)として働く14歳の少女・たまをを描く物語。姉女郎・咲ノ介の禿として出島のオランダ商人邸へと赴くことになったたまをが、医師やコック、フランス人貿易商の息子、混血児など個性豊かな人々と出会う様子を描いていく。同作は長崎を舞台にした「ニュクスの角灯」「蝶のみちゆき」に連なる「長崎三部作」の“最終節”としてコミック乱(リイド社)で連載されている。

高浜寛のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 高浜寛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。