Netflixアニメ「ドラゴンズドグマ」劇伴は原作ゲームの曲手がけた牧野忠義が担当

38

Netflixにて全世界独占配信されるアニメ「ドラゴンズドグマ」のスタッフ情報が発表された。劇伴音楽を牧野忠義が手がけている。

Netflixオリジナルアニメ「ドラゴンズドグマ」オープニング映像より。

Netflixオリジナルアニメ「ドラゴンズドグマ」オープニング映像より。

大きなサイズで見る(全15件)

2012年にカプコンより発売された同名のアクションゲームを原作とするアニメ「ドラゴンズドグマ」。牧野はこの原作ゲームでも作曲を務めているが、アニメではゲームで使われた楽曲を一切使っていないとのことで、その経緯について「まず、原作のメインテーマや個別の専用曲(~のテーマ)などは一切引用せず、全楽曲を本作完全オリジナルとする事が早々に決まりました」「本作のプロットはゲームでは語られなかった人間の生々しさや醜さ、ダークな描写が多く追加されているという特徴があった為です」と説明している。また「私が担当させて頂く以上、本作の音楽には必ずドラゴンズドグマの趣があるはずですから、原作ファンの方々にもきっと楽しんで頂けるものであり、逆に本作を視聴してくださった方々がゲームの方にも興味を持って頂けたらと…。僭越ではありますがこれが私に出来る挑戦であり、原作と本作、そしてファンの皆さんを繋ぐ役目であると考えました」とアニメの楽曲に込めた思いを明かした。

さらに牧野が制作した曲が聴けるオープニング映像が公開された。映像には重厚な音楽とともに、折り重なる髑髏たち、見え隠れするモンスターの牙や鉤爪、赤い目を光らせたドラゴンなどが映されている。映像に使われた楽曲について牧野は「混沌と絶望感すら漂わせる印象の中で運命を受け入れる主人公の生き様や、かすかな希望が感じられる様な音楽を作りました。まさに運命のドアが開く瞬間の音楽として本作の印象を包括した内容ではないかと感じています」と語った。

「ドラゴンズドグマ」は9月17日に配信スタート。アニメは全7話構成で、制作をサブリメイション、監督を須貝真也、脚本を砂山蔵澄、キャラクターデザインを西村郁が担当する。

牧野忠義コメント

原作であるゲーム「ドラゴンズドグマ」の楽曲を作り始めたのはおよそ10年前になります。
その後、「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」、「ドラゴンズドグマ オンライン」などシリーズ続編の音楽も担当させて頂いていたのでゲームとしての音楽は知り尽くしていました。

原作である「ゲーム」と本作「アニメーション」の音楽を担当させて頂くにあたり、原作の音楽性を如何に引き継ぎ如何に変えるか?がコンセプトであった様に思います。

まず、原作のメインテーマや個別の専用曲(~のテーマ)などは一切引用せず、全楽曲を本作完全オリジナルとする事が早々に決まりました。

原作はドラゴンに心臓を奪われても生きている「覚者」となったプレイヤーが「ポーン」と共にその謎に迫るストーリーですが、本作のプロットはゲームでは語られなかった人間の生々しさや醜さ、ダークな描写が多く追加されているという特徴があった為です。

しかしこれは原作を切り離すという意図では決してありません。
私が担当させて頂く以上、本作の音楽には必ずドラゴンズドグマの趣があるはずですから、原作ファンの方々にもきっと楽しんで頂けるものであり、逆に本作を視聴してくださった方々がゲームの方にも興味を持って頂けたらと…。

僭越ではありますがこれが私に出来る挑戦であり、原作と本作、そしてファンの皆さんを繋ぐ役目であると考えました。

この度先行公開されたOP映像の音楽では、混沌と絶望感すら漂わせる印象の中で運命を受け入れる主人公の生き様や、かすかな希望が感じられる様な音楽を作りました。まさに運命のドアが開く瞬間の音楽として本作の印象を包括した内容ではないかと感じています。

作曲自体はスムーズに進行しましたし、ゲームとは勝手が違う部分もありましたが何も妨げにはなりませんでした。制作担当のサブリメイションの皆様からは音楽から得たインスピレーションをまた更にアニメーション制作への原動力として頂けたと聞き及んでいます。

相乗効果を与え合いながら本作もいよいよ完成、Netflixにて独占公開を迎えます。
ゲームのあのシーンの裏ではもしかしたらこんな事が起きていたのかもしれない、と感じられる様な描写が至る所に散りばめられています。原作ファンの皆さんにも、本作を観てドラゴンズドグマを知って頂く皆さんにもきっと楽しんで頂ける本編になっていると思いますのでぜひご視聴頂ければと思います。どうぞよろしくお願い致します。

この記事の画像・動画(全15件)

Netflixオリジナルアニメ「ドラゴンズドグマ」

Netflix:2020年9月17日(木)全世界独占配信(全7話)

スタッフ

原作:CAPCOM
監督・演出:須貝真也
エグゼクティブプロデューサー:櫻井大樹(Netflix)
共同プロデューサー:小林裕幸(CAPCOM)、北原隆(CAPCOM)
脚本:砂山蔵澄
キャラクターデザイン:西村郁
音楽:牧野忠義
アニメーション制作:サブリメイション

日本語版キャスト

イーサン:中村悠一
ハンナ:水樹奈々
オリビア:沢城みゆき
ルイ:三瓶由布子
サライ:三森すずこ
ドラゴン:菅生隆之
ほか

全文を表示

関連記事

須貝真也のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 須貝真也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。