幽霊が最期に食べたかったもの作る「いまわ屋朔の思い出ごはん」ASUKA新連載

113

桜屋えんの新連載「いまわ屋朔の思い出ごはん」が、本日8月24日発売の月刊ASUKA10月号(KADOKAWA)で開始した。

「いまわ屋朔の思い出ごはん」

「いまわ屋朔の思い出ごはん」

大きなサイズで見る(全2件)

「いまわ屋朔の思い出ごはん」は、幽霊が思い残すことなくあの世に行けるよう、最期に食べたかったものを作る料理屋の物語。第1話では、店主の朔太郎と彼の仕事を手伝う男性・伊勢谷が幼い少女の霊を迎え、彼女の話を聞きながら食べたかったものを推理し料理する。

この記事の画像(全2件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。