三宅乱丈のSF叙事詩「イムリ」14年の連載に幕、冬には新作「fish」が開始予定

110

三宅乱丈「イムリ」が、本日7月10日発売の月刊コミックビーム8月号(KADOKAWA)で最終回を迎えた。

「イムリ」最終話より。

「イムリ」最終話より。

大きなサイズで見る(全7件)

「イムリ」は“侵犯術”で精神を操る惑星マージの支配種族カーマと、惑星ルーンの原住民であるイムリの因縁を描いた壮大なSFファンタジー。2006年8月にスタートし、14年にわたって連載された。同作は2009年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を獲得。2017年には舞台化も果たしている。単行本の最終26巻は8月12日に発売。なお三宅が2020年冬に新連載「fish」をスタート予定であることも告知された。

この記事の画像(全7件)

関連記事

三宅乱丈のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 三宅乱丈 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。