本能寺の変の真実に迫る「信長を殺した男」完結、朗読劇プロジェクトも始動

181

明智憲三郎原案による藤堂裕「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」が、本日7月7日発売の別冊ヤングチャンピオン8月号(秋田書店)で完結を迎えた。

「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」最終回の扉ページ。

「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」最終回の扉ページ。

大きなサイズで見る(全9件)

2016年に連載スタートした「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」は、明智光秀の子孫と伝えられる歴史研究家・明智憲三郎による歴史ドキュメント「本能寺の変 431年目の真実」を原案とした作品。現代でもなお多くの謎が残される本能寺の変について描かれており、最終回では光秀亡き後、彼の意志を継ぐ者たちのエピソードが展開された。なお8月4日発売の次号9月号には同作のエピローグが掲載され、単行本の最終8巻は10月20日に発売される。

また誌面では、同作の朗読劇プロジェクトが始動することも明らかに。第1弾として声優陣によるショート朗読劇を交えたトークショーが、8月29日に有料で生配信される。明智光秀役は井上和彦、織田信長役は関俊彦、豊臣秀吉役は高橋広樹が担当するほか、小野友樹稲田徹植田佳奈も出演。詳細は朗読劇プロジェクトの公式サイトで確認を。

「ステイトレス~存在なき者たち~」第1話の扉ページ。

「ステイトレス~存在なき者たち~」第1話の扉ページ。[拡大]

そのほか今号では、マシマロウ原作による三日閉両の新連載「ステイトレス~存在なき者たち~」が開幕。物語は無国籍の兄妹が、自分たちを虐げてきた親を殺すところから始まる。

この記事の画像(全9件)

LIVE配信「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」朗読劇プロジェクトvol.1

日程:2020年8月29日(土)

スタッフ

原作:藤堂裕/明智憲三郎
脚本・演出:キタムラトシヒロ
音楽:高梨康治
チケット一般発売日:2020年8月15日(土)予定
プロデューサー:牧内真一郎・宮本匡章
制作:「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」朗読劇プロジェクト製作委員会
主催:株式会社秋田書店

キャスト

井上和彦関俊彦高橋広樹小野友樹稲田徹植田佳奈 ほか

全文を表示

関連記事

藤堂裕のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 藤堂裕 / 井上和彦 / 関俊彦 / 高橋広樹 / 小野友樹 / 稲田徹 / 植田佳奈 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。