「マギアレコード」麻倉もも&加藤英美里が語る「まどか☆マギカ」世界の魅力

53

アニプレックスによるオンラインイベント「Aniplex Online Fest」が、太平洋夏時間7月4日から5日、日本時間5日から6日にかけて行われた。本記事ではTVアニメ「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」のプログラムをレポートする。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」プログラムの様子。左上から時計回りに麻倉もも、加藤英美里、石川達也プロデューサー、外山祐介プロデューサー。

「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」プログラムの様子。左上から時計回りに麻倉もも、加藤英美里、石川達也プロデューサー、外山祐介プロデューサー。

大きなサイズで見る(全8件)

麻倉もも

麻倉もも[拡大]

環いろは役の麻倉もも、キュゥべえおよび小さいキュゥべえ役の加藤英美里、原作ゲームの外山祐介プロデューサー、アニメの石川達也プロデューサーが出演した同プログラム。まずは「マギアレコード」のもととなるアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」についての振り返りからスタートし、「マギアレコード」への出演を機に視聴したという麻倉は、「なんでリアルタイムで観てなかったんだ!」と後悔するほど面白かったと話す。キュゥべえ役として出演していた加藤は、当初はキュゥべえの目的は知らされていなかったといい、台本をもらうたびに衝撃を受けたと振り返った。

雨宮天

雨宮天[拡大]

夏川椎菜

夏川椎菜[拡大]

続いて一同は、「マギアレコード」の印象深いシーンや思い出を振り返る。麻倉は第10話でのみかづき荘のメンバーでマグカップを買いに行く場面に「年相応の女の子としての姿に胸を打たれた」と述べ、加藤は「小さいキュゥべえを演じるシーンが多かったので、初めて(小さいほうではない)キュゥべえとしてしゃべる場面は緊張しました」と明かす。また加藤は両キュゥべえの演じ分けについて聞かれると、「キュゥべえはいつも通りに、小さいキュゥべえはキュゥべえから毒を抜いた感じで、ただただかわいく演じています」と回答。さらに七海やちよ役の雨宮天、由比鶴乃役の夏川椎菜からのビデオコメントも届けられ、印象的なシーンや、演じるキャラクターへの思いが語られた。

左上から時計回りに麻倉もも、加藤英美里、石川達也プロデューサー、外山祐介プロデューサー。

左上から時計回りに麻倉もも、加藤英美里、石川達也プロデューサー、外山祐介プロデューサー。[拡大]

外山プロデューサーは「アニメで細かいところまで描いてもらったことで、より『マギアレコード』への理解が深まった」と話す。メイン以外のキャラクターがきちんと描かれている点や、迫力あるバトルシーンを称賛し、アニメスタッフへの感謝の思いをにじませた。さらに石川プロデューサーは、序盤に登場したアニメオリジナルキャラクター・黒江についても言及。まだ謎が残された黒江について、「第13話を細かく見ていただくと、新たな発見があるかも」とコメントした。

「Aniplex Online Fest」はアメリカ・ロサンゼルスで開催予定だった「Anime Expo 2020」の中止に伴い、世界各国のアニメファンが楽しめるよう企画されたイベント。アニプレックス作品のスタッフ・キャストが出演するトークや、関連ミュージシャンによるコメント映像やライブ映像、制作スタジオスタッフの座談会といったプログラムが、英語・中国語の2言語で世界に向けて配信された。プログラムの模様は7月13日16時までYouTubeにてアーカイブ視聴が可能だ。

この記事の画像(全8件)

関連記事

麻倉もものほかの記事

リンク