近未来は猫の国に…女子高生としゃべる飼い猫の日常ファンタジーが単行本化

58

猫葉りての初単行本「2200年ねこの国ニッポン」が、6月25日に発売される。

「2200年ねこの国ニッポン」

「2200年ねこの国ニッポン」

大きなサイズで見る

雑誌・ねことも(大都社)で発表されている「2200年ねこの国ニッポン」は、人類の少子化が進んだ近未来が舞台。“猫の国”となったこの国では、猫たちは話すことができるようになり、学び、働くようになっていた。同作ではそんな世界で暮らす、女子高生の麦島さんと、理屈っぽくて気まぐれな彼女の飼い猫・ソラの、ほのぼのとした日常が描かれる。なお単行本には描き下ろしのミニイラスト10点と、おまけマンガ4ページも収録された。

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。