間違ったのがバレたら殺される?“戦場の鬼”に告白してしまったラブロマンス始動

53

haenokが脚本・マンガを手がける新連載「告白の行方」が、本日6月23日にピッコマでスタートした。原作はcooaraが担当している。

「告白の行方」メインビジュアル

「告白の行方」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

本作の主人公は交通事故で亡くなり、異世界に孤児として転生したルネ。司祭に拾われて神殿で暮らしてきた彼女は、秘めていた神聖力を認められ、自らも司祭となり多忙な日々を送るようになった。そんな彼女は大司祭の命令で、“戦場の鬼”と怖れられるカーベル・ウィラード公爵と、“帝国の光”と呼ばれる聖騎士団長のエルベニラズ・クジェシュミールと一緒に戦場へ赴くことに。聖騎士団長に恋心を抱いたルネが、間違ってカーベルに告白してしまったことから物語は動き出す。連載は今後、毎週火曜に更新。

この記事の画像(全4件)

リンク

(c)cooara&haenok/DAON ORIGINAL

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。