ニコ・ニコルソンが祖母の介護経験をもとに認知症について学ぶ1冊

142

ニコ・ニコルソン「マンガ 認知症」が、ちくま新書より本日6月10日に発売された。

「マンガ 認知症」

「マンガ 認知症」

大きなサイズで見る

大好きな祖母が認知症になってしまい、母と二人三脚で介護に取り組んでいたニコが、心理学と老年行動学を研究する大阪大学大学院教授・佐藤眞一氏に取材して描いた本作。「認知症の人が『お金を盗られた』『強盗にあった』と言うのはなぜ?」「同じことを何度も聞いてくるのはなぜ?」「何度注意してもお米を大量に炊いてしまうのはなぜ?」など、介護者が抱きがちな疑問が章ごとにマンガと文章で解説されている。なお本作は筑摩書房のWebサイト・webちくまで連載されていた。

ニコ・ニコルソンのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ニコ・ニコルソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。