人けがなくなった地球で、しゃべるナマケモノと少女が暮らす「黄昏星のスイとネリ」

51

徳永パンの新連載「黄昏星のスイとネリ」が、本日5月27日発売の月刊コミックキューン7月号(KADOKAWA)でスタートした。

「黄昏星のスイとネリ」

「黄昏星のスイとネリ」

大きなサイズで見る(全6件)

「黄昏星のスイとネリ」は宇宙開発が進んだ未来の地球を舞台に、ナマケモノみたいな人間の少女・スイと、言葉の話せる人間みたいなナマケモノ・ネリを描く物語。スイとネリは小さな旅館を経営しているが、地球の人口が減ってしまった影響もあり、ほとんどお客さんはこない。お金に困った2人は、魚を売って生活費の足しにしようと、釣りに出かける。

そのほか今号には、甘党「となりの吸血鬼さん」の描き下ろし水着ポスターが付属。これは12カ月連続付録の第2弾で、次号にはアルデヒド「ニー子はつらいよ」のポスターが付属する。一部書店では本誌購入者に特典が用意された。

この記事の画像(全6件)

月刊コミックキューン7月号 店舗購入特典

ゲーマーズ:オリジナルブロマイド(emily「PON PON PON!」)
メロンブックス:特製ペーパーペンシルボード(高坂曇天「拝啓…殺し屋さんと結婚しました」)

全文を表示

甘党のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 甘党 / アルデヒド の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。