「アクダマドライブ」を「アンリミ兵部」の大柿ロクロウがコミカライズ

95

オリジナルTVアニメ「アクダマドライブ」のコミカライズが決定した。

コミカライズ版「アクダマドライブ」のキービジュアル。

コミカライズ版「アクダマドライブ」のキービジュアル。

大きなサイズで見る(全3件)

「THE UNLIMITED 兵部京介」や「映画刀剣乱舞」のコミカライズを手がけた大柿ロクロウが執筆。電子書籍レンタルサイト・Renta!のコミックレーベルRentaコミックスにて、7月7日に第1、2話48ページが配信され、以降ひと月に1話24ページずつ公開されていく。価格は第1、2話が100円、第3話以降が60円。大柿は「この作品を良い意味で暴走したり燃え上がりながらキッチリ楽しく描いていきたいと思っております」とコメントした。

「アクダマドライブ」は、高度に発達しながらも歪んだ社会を舞台に、“アクダマ”と呼ばれる犯罪者たちを軸にしたクライムアクション。ストーリー原案を小高和剛、キャラクター原案を小松崎類、監督を田口智久、アニメーション制作をstudioぴえろが手がけ、TVアニメは10月より放送される。

大柿ロクロウコメント

大柿ロクロウ

大柿ロクロウ

このたび縁あってアクダマドライブのコミカライズを担当させて頂くことになりました大柿ロクロウでございます。
アクダマたちは描いてて引くくらい全員とんでもなくワルい奴らです。
次の瞬間に何をしでかすかわからない奴らです。
同時に、自分の思うがままに生きるチカラを持ったスゴい奴らです。
全員めちゃくちゃワルくて、全員めちゃくちゃカッコイイです。
僕も彼らに負けないように「漫画家」というアクダマのつもりでこの作品を良い意味で暴走したり燃え上がりながらキッチリ楽しく描いていきたいと思っております。
アニメもマンガも楽しんでいただければ幸いです。

この記事の画像(全3件)

TVアニメ「アクダマドライブ」

2020年10月放送開始

スタッフ

原作:ぴえろ・TooKyoGames
ストーリー原案:小高和剛
キャラクター原案:小松崎類
監督:田口智久
副監督:笹原嘉文
シリーズ構成:海法紀光
キャラクターデザイン:Cindy H. Yamauchi
メカニックデザイン:山本翔、宮川治雄、常木志伸
美術監督:谷岡善王
美術設定:青木薫
色彩設計:合田沙織
編集:三嶋章紀
撮影監督:山田和弘
CG監督:藤谷秀法
音響監督:長崎行男
音響制作:デルファイサウンド
音楽:會田茂一
アニメーション制作:studioぴえろ

キャスト

一般人:黒沢ともよ
運び屋:梅原裕一郎
喧嘩屋:武内駿輔
ハッカー:堀江瞬
医者:緒方恵美
チンピラ:木村昴
殺人鬼:櫻井孝宏

リンク

関連記事

(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会